マカの歴史

滋養強壮に効果のあるものとして、昔から知られているのは「にんにく」「ニラ」などの食品であったり、「朝鮮人参」といった漢方で有名なものなどがあります。これらは昔からスタミナに効果的であると言われており、同時に安全性の高さでも知られるところです。

 

では、「マカ」はどうでしょうか? ここではマカの歴史をチェックすると同時に、その歴史に裏付けられた優位性についても分析してみたいと思います。

マカの歴史

戦士が戦場へ行く前に食したマカ

インカ帝国時代、戦士たちは戦場へ向かう前にマカを食べたという記録があります。 また、ペルー人がスペインに支配された際、税を払う代わりにマカを使ったという話もあり、昔からマカが貴重なものであったことが分かります。 マカは、ペルー原産の食材でアンデス山脈という過酷な地から栄養分を吸い上げて作られる根菜です。 こうした過酷な状況で育つマカには計り知れぬパワーが秘められると考えられており、その価値は高かったのだと考えられます。 実際にマカに含まれる栄養成分を調べると、その栄養価の高さからインカ帝国時代からパワー増強を目的としてマカが食べられていたというのも納得できます。 その時代の人たちは、実際にマカを食しその効果を実感したことから有効性が高いことに気づき期待されていたのでしょう。 現代においてペルーでのマカは、根を焼いたりソテーしたりして食べる家庭も増え、現在も変わらず滋養強壮の元として重宝されています。

近年はサプリメントとして広く知られたマカの効果

インカ帝国時代からペルーでは滋養強壮効果が高い食材としてマカが用いられてきましたが、近年ではこの効果を広くまた、手軽に取り入れる手法としてサプリメントタイプのマカが主流となってきました。

 

サプリメントになってからも、マカは更に改良され吸収力の向上や他成分との配合で更に効果的になったりしています。

男性への効果に期待されるマカ

マカには、その栄養価の高さから男女問わず様々な効果をもたらしてくれる健康食品となりますが、中でも注目されるのが男性への効果です。

 

特に勃起障害の人からの注目が高くマカを摂ることで

 

勃起障害の改善傾向が見られた

精子の活性化が見られた

 

という研究結果もあり、マカの機能を裏付けているといえます。

 

また、男性の前立腺についても有効で、前立腺肥大傾向にある人がマカを摂ることで改善傾向にあったという報告もあるのです。

 

前立腺肥大に対する実験では前立腺のサイズが縮小、このような結果を考えると、男性にとってメリットが大きいサプリメントだといえるでしょう。

 

前立腺肥大を抑えるサプリメントとしては他にも「ノコギリヤシ」が知られていますが、マカと併用することで更にサポート効果が高く万能サプリメントと言っても過言ではなくなるでしょう。