マカにカフェインは入ってるの!?

妊娠を望む女性にとって、妊娠に繋がりやすい成分を積極的に摂りたいと考えると同時に、妊娠するために控えたい成分は摂らないよう気を付けたいと思うものですね。

 

その中の一つとして挙げられる成分がカフェイン。

 

コーヒーやお茶類、コーラなどに含まれるカフェインですが、意外なものに入っていることもあるため、注意しておきたいものです。

マカにはカフェインが入っているのでしょうか?

マカそのものにはカフェインは含まれていませんが、商品によっては入っている場合があるので注意が必要です。

マカそのものには、カフェインが入ってないのに何故?と疑問に思いますが、マカの摂り方として多いのがサプリメントやドリンクですね。

 

しかし、商品の中にはマカだけでなく更に効果的になるよう様々な成分を配合しているものも少なくなく、中にはカフェインが入っているものも存在します。

カフェイン入りのマカは身体に良くないの?

カフェイン自体、絶対的に害になるという成分ではありません。

 

そもそもカフェインは、適量に摂ることで集中力や記憶力の向上、脂肪燃焼効果によるダイエット効果、抗ガン作用などを持っており、これらの効果を得たい方にとってはマカに含まれることでより効果的となる訳です。

 

しかし、妊娠を望んでいる場合には避けておく方が安心です。

 

というのも、男性の場合、アメリカの大学で行われた研究結果によると、1日にコーヒー3杯分のカフェインの摂取は、精子の染色体異常のリスクを高める恐れがあると報告されています。

 

妊娠を望む夫婦はノンカフェインのマカを

また、カフェインは妊娠中の女性が摂り過ぎてしまうことで流産や早産、低出生体重児、発達障害の原因になるとする研究結果があります。

 

妊娠初期の段階では、妊娠が判明するまで時間が掛かるため、妊娠を望んでいるのであれば妊娠前から控えておく方が安全だといえます。

 

まとめ

カフェイン入りのマカが必ずしも悪いという訳ではありませんが、マカを飲む方の体調や状況によっては控えた方が良い場合もあります。

 

マカを選ぶ際、ご自身の期待する効果に合わせてカフェインの含有されているマカかそうでないマカかを選ぶようにすると良いでしょう。